クリニックビザリア大阪赤ら顔

赤ら顔とは

赤ら顔
赤ら顔とは、体温の上昇や興奮、緊張などにより毛細血管が拡張して表皮から透けて赤く見えている状態のことをいいます。
原因はにきび・にきび跡・酒さ、アトピー、敏感肌・脂漏性皮膚炎・ホルモンバランスの崩れなど様々です。

こんな方にオススメです。

  • 顔の赤みが取れない。
  • にきびの炎症で赤味が消えない。
  • 皮膚が薄くて頬の赤味が気になる。
  • 寒くなると血管が透けて顔が赤くみえるようになる。

赤ら顔の原因

生まれつき皮膚が薄い

毛細血管は顔に集中しており、特に顔の皮膚、目の周りなどは薄いので、顔が赤くなりやすい原因になっています。

敏感肌の場合

通常の健康な肌より皮膚が薄いため、外部からの刺激に弱く過敏に毛細血管が反応して拡張するので顔が赤くなりやすくなっています。

にきび肌の場合

にきびが悪化し炎症すると、炎症部分全体の皮膚が赤くなります。さらに、にきびの再発を繰り返すと炎症がおさまらず、全体が赤みを伴った状態が続いて赤ら顔になります。

赤ら顔の効果的な治療法

まずはお気軽にご相談ください
0120-251-577
診療時間 10:00~19:00