クリニックビザリア大阪肝斑

肝斑とは

肝斑
ほほ骨のあたりや額、口の周りなどに、左右対称性の淡い褐色のしみが現れるのが特徴です。皮膚の浅黒い人ほどできやすいといわれ、日本人もこの肝斑ができやすい方です。
30~40歳代の女性に多く発症し、更年期やピルの服用中、妊娠、出産時期など女性ホルモンや体の内面とのバランスが大きく関係しています。
また、紫外線やストレスも原因だと考えられています。安易にレーザーで取ろうとすると悪化する可能性があり、注意が必要です。

こんな方にオススメです。

  • 顔のしみが気になる方。
  • 頬の左右対称のしみが出来てきた。
  • しみをとって若い印象に変えたい。
  • 肌のくすみを取りたい。
  • 年齢とともにしみやそばかすが目立つようになった。

加齢とともに目立つ肝斑

加齢とともに目立つ肝斑
肝斑の原因は諸説ありますが、女性ホルモンのバランスが影響していると言われており、ストレス・皮膚への摩擦刺激・紫外線などさまざまな原因が考えられています。60歳以降になると 症状が軽くなることもあります。

肝斑は、他のしみと比べると、時間も手間もかかる厄介な症状です。
根気よく長期的に治療を行うことが、改善への近道です。

【なりやすい部位】
頬の高い部分・額・鼻の下など左右対称にできます。 症状が軽くなることもあります。

肝斑の効果的な治療法

まずはお気軽にご相談ください
0120-251-577
診療時間 10:00~19:00